横浜市民病院様でのナイス体操。がんと向き合う女性のためのイベント運営や、専用のSNSコミュニティで、病気になっても前向きに生きる女性をサポートしている、一般社団法人ピアリング様からのご依頼でした。

ご依頼をいただいたのは、今年に入ってから。代表の上田様から「がん患者向けのセミナーを検討しているのですが、そのプログラムに体操等の身体を動かすプログラムを入れられないかと考えてます。まさにナイス体操はぴったりなのではと思っていますがご協力いただけないでしょうか。」と。
また、「楽しく身体を動かすことは、がんサバイバー(がんと向き合っている方々の総称)にとって、とても大切。体操等で身体を動かして、気持ちも身体も前向きになること、楽しい時間を過ごし、ストレスを解消すること。それらは、病気に対して有効だと医学的に証明されているのです。」という内容でした。

そうだったのか・・・・・・と、お話を聞いて非常に驚きました。すぐお返事はできませんでした。と言いますのは、がんの方向けに、ナイス体操を行ったことがなかったからです。私自身、ナイス体操がそういった病気に効くものかどうか分からず、ましてや、参加者に喜んでいただける内容になるかどうかも心配でした。介護施設ではもちろんレッスンを重ねてきていますが、今回はそれとはまったく別。どんな顔をして、どんな内容でレッスンさせていただけばよいか、悩みました。それでも、ナイス体操が参加者の身体や心を元気にできる!と信じ、頑張りたい気持ちに変わり、お引き受けしました。

とはいえ、”ナイス体操の効果、皆さんに感じてもらえるか、大丈夫かなあ” そんな不安は当日までありました。でも、会場に入って皆さんの顔をみた瞬間、不安はすぐ消えました。綺麗さっぱり消えました。みなさんナイス体操始める前から、会場内で他の参加者の方々と談笑しているではありませんか!!!温かいエネルギッシュな雰囲気がそこにはありました。笑顔にあふれていました。”病気の有無は関係ないんだ!!皆、ほかの人と何も変わらない。いつも通り元気に心を込めてやらせていただこう!!”という気持ちで、精一杯やらせていただきました。

普段なら、座ったまま少しストレッチの時間をいただきますが、皆さんの雰囲気を見て、すぐさま変更。最初から音楽にのって身体を動かす、有酸素運動(エアロビクス風)の準備運動にしました。リズムにのって身体を動かしてもらうことで、皆さんの笑顔をより引き出すことに成功。そのあとのリズム体操、遊びをいれた脳トレエクササイズ(じゃんけん等)も全員参加で盛り上がり、結果、喜んでいただけたようです。印象的だったのは、参加者の皆さんの笑顔。 すっごく元気!!すっごくパワフル!! 最終的にはこちらが元気をたくさんたくさんいただいちゃいました。ほんと、皆さん前向きで、キラキラしてて、素敵でした!!!

ピアリングの方にレッスン後の参加者の様子を伺ったところ、ナイス体操は、大満足!!というお声が多数で、身体も心もほぐれ、お仲間同士の話が盛り上がったとのことでした。体操中の「ナイス!!」「大丈夫!!」といった前向きな声掛けも、皆さんにプラスとなったようです。

一般社団法人ピアリングの皆様、横浜市民病院の関係者の方々のサポートあって、終始とてもアットホームな雰囲気でレッスンさせていただきました。このような貴重な機会をいただいたこと、心より感謝です。そして、今日感じた想いを、経験を、私はこれからも忘れません。